バーチャルリアリティを体験してみた感想

バーチャルリアリティを体験してみた感想

先日、友人とバーチャルリアリティ(VR)を体験しました。VRとは専用の機械を頭に装着すると、360度の見渡すことが出来て、その場にいるような感覚を味わうことができます。テーマパークでVRの体験は何度かしていたので目新しいものではありませんでしたが、最新のVRは本当にすごいです。
私が体験したものは殺害された少女の目線になって、殺害されるまでの様子を見るホラーゲームです。新作ということで長い行列でした。30分は待ったかもしれません。アトラクション施設での体験だったので、椅子が揺れたり風が吹いたり、とても演出が凝っていて人気の理由がわかりました。私はホラーが苦手なので1分もしないうちに友人を置いて逃げましたが、友人は最後まで見たそうです。追いかけられたり、血が飛び散ったり、本当に怖かったと言っていました。ホラーが苦手な人は止めておいた方がいいです。
けれど、VRのゲームはホラーだけではありません。鳥の目線になって空を飛んだり、海の中で魚になって泳いだりするものもあるようです。今後、たくさんのゲームが出てくると思います。私は猫が好きなので、猫を飼えるようなゲームをしてみたいです。
私がファミコンで遊んでいた時と比べると、ゲームの世界はどんどん技術が進んでいます。こんな世の中になるなんて考えていませんでした。また機会があったら体験してみたいです。